MENU

 会ったこともない女性といきなりデートをする、LINEで通話をすることは出来ていましたけど、初対面という事もあってかなり緊張してしまいました。
写メは見ていましたが、実際に肉眼で見ても決してルックスが悪い女性ではなかったのです。
ちょっとふっくらしたほっぺの丸顔の可愛らしい感じの女子大生で、よく見れば胸の膨らみもかなりあるんです。
挨拶を交わして、彼女の笑顔を見せてくれたから一安心といったところでした。
丁度お昼時からのデートだったこともあり、そのままレストランでランチをすることになりました。
ランチ中も通話した時と同様に、自然な形で話し合うことができて手応えというものを感じていました。
彼女もとても魅力的な笑顔をたくさん見せてくれたこともあって、そこからは安心して接していく事ができたのです。
その日は映画を見て別れる予定で、シネコンに行きお互いに見たかった映画を楽しんで、そして帰宅していきました。
LINEで彼女から通知があって、ドキドキしながら中を確認してきました。
「今日はかなり楽しめたよ!
食事も美味しかったし、映画も楽しかったし、お喋りも凄く良かった。
ありがとね」
彼女も喜んでくれたし、次回の約束を聞いてみたらまた会ってくれると言うのです。
これってもしかして恋人関係に一歩前進したのかな?って考えていました。
1週間ほど経過してからまた彼女と待ち合わせになり、食事をしたりぶらぶら歩いたり、カフェでお喋りを楽しんだりしていきました。
こういう形でのデートを何度か続けることができて、自分の中ではそろそろ彼女が欲しいななんて気持ちになってしまってたんです。

そして、4度目のデートの時にそのチャンスがやってくることになりました。
本当に自然な形で関係を持つ行動をとることができたし、彼女も嫌がらずに付いてきてくれたのです。